個人事業主が下請から脱却する方法

個人で稼ぐノウハウ

晴れて起業をした後、個人事業主が最初にすることと言えば、自力で仕事をとってくることです。

最初の一歩でこの最難関にぶち当たってしまうところが事業の大変さであり、面白さでもあるんだと思います。

でもこの時、「どこかの大企業に仕事を回してもらえたらいいのに」という他力願望が頭をよぎります。

そして、心が独り言をつぶやき出します。

「下請けになって、自動コンベアーみたく待ってたら仕事が運ばれて来る

っていうのはどうだろう。

ついでに自分は一国一城主で、会社に出勤する必要はないなんて、なんて美味しいんだ。

第一、営業をしないでよくなる。とにかくコネさえあればなー。」

でも幸か不幸か、私には全くコネがありませんでした。

個人事業主が下請けになるのは比較的簡単

知り合った個人事業主に、この大企業の下請けでやっているタイプの人がいます。

社員として働いていた会社を辞めて独立する時に、その会社から仕事を回してもらえる話が来たとのこと。

ほー、人徳があればこういう展開になるのかと感心することしきり。

ところで、この人は自社サイトを持っていませんでした。

自社サイトで自分情報発信をしなくても、自動的に仕事が降りてくるというわけです。

これを見て、私も同業他社の組織事務所から仕事を回してもらおうと動きました。

そうこうしている内に、自社サイト経由からも仕事のお話しを頂き、この下請けになるという形は、時間はかかりましたが希望通り実現しました。

下請けをやってみた感想

下請けの仕事はとれたものの、いざ仕事をしてみるとその内容は、従業員時代と全く同じ、或いは、それ以下でした。

会社が言ってくる通りのやり方で、機械代行作業をこなす。

そして、下請けに回ってくるのは、その会社の従業員がこんな面倒臭くてスキルアップにならない仕事いや!というその仕事が回ってきます。

仕事内容が従業員時代とほぼ同じとはいえ、でも個人事業主なんだから賃金が良いのでは?

これも残念ながらそんなことはなく、実際はその逆でむしろ賃金は下がります

冷静に時給計算してみると、時給500円ないこともありさすがに凹みました。

そして下請けの仕事をこなした結果どうなったかというと、収入を得るために予想外に長時間労働をしなくてはいけない負のスパイラルが始まりました。

世にいう自転車操業ってやつです。

ラットレース

土日も返上で働きずくめに働いて、でも台所は火の車状態、自転車をこぐのを止めたらそこでしまいです。

これは個人事業主なら誰でも一度はぶち当たる壁なんだろうと思います。

私もここで苦しみました。

下請けからの脱却 

たとえどんな大企業だろうと倒産の憂き目に遭っているこのご時世、一社だけに頼っていては危険です。

第一精神衛生上よくありません。

なので、常に3社から5社ほど仕事を取ってプロジェクトを同時進行で進めるようにしました。

そうこうするうち、同じような仕事をしても、会社によって支払ってくれる金額がかなり違うことに気が付きました。

2倍以上の差が出ることもしばしば。

そして、この仕事を私に回してくれた会社自体が、そもそも1種類ではないということがわかってきました。

会社には、クライアントからプロジェクトを受注した企業と、ダイレクトにクライアントそのものの2種類があったんです。

仕事の流れとしては、クライアント→企業→下請け(私)と、クライアント→私の2種類です。

クライアントは全くの一個人のこともありますが、会社という組織の場合もあります。

大体においてプロジェクトを自ら創造出来るお金持ちは、自分で会社を持っている経営者であることが多いです。

何れにせよ、このクライアントから直に仕事を請け負えるかどうかが大切なわけです。

とはいえ、駆け出しの個人事業主が、最初からクライアントからの仕事ばかり取れるはずもありません。

ここで、生活費を稼ぐという経済労働から開放されている人は、「客を選ぶ」ことが出来ます。

でも私は月々の生活費を稼がないといけない立場。

ほとんどの人が後者の立場で、わかっちゃいるんだけど嫌な仕事でもとらなきゃ生活できないんだよ、という状況なのではないでしょうか。

それならばこの場合どうすればいいのかですが、以下が私が実践したやり方です。

まず最初に仕事が来やすい「企業からの下請け仕事」をして生活費を稼ぎます。

ここは石の上にもの精神で、忍の一字でがんばります。

ちなみに私は石の上に2年半居ました。

そして、たまになのですが、この下請けの仕事に混じって、プロジェクトを直接持っているクライアントからも仕事の依頼が来ます。

この時がチャンスです。

クライアントが要求している成果物以上のものを提供します。

例えば、私はクライアントが2Dと3Dの成果物を要求している場合に無料でアニメーションを付けていました。

そうするとクライアントがものすごく喜んで、

「実は新プロジェクトが来月から動き出すんだけど、空いてる?」

とお声をかけて頂けるようになります。

こうして次へと繋げて行く内に、クライアントからの仕事物件もクライアントの人数も少しずつ、少しずつ増えていきます。

そして、クライアントからの収入が増える額に応じて、下請けからの仕事を一つ、また一つと切っていきました

世間では

「嫌な仕事をするのは時間の無駄。好きな仕事だけやれ。

好きな仕事をやれば必ず結果がついてくる」

などが出回っていたりしますが、実際問題これは極論です。

この下請けの仕事を切っても、それを補う収入が他から確実に一定期間入ってくるというのが確定してから初めて下請けの仕事を一つ切る、ここがポイントです。

人気記事世界最大級クラウドソーシングUpworkで「最高評価」バッチを獲得した私がUpworkで仕事を取れるようになる方法を解説します」

関連記事個人で稼ぐノウハウ