今のままの働き方では、必ず体力の限界が来る

個人で稼ぐノウハウ

日本あるいは日系企業の労働条件の実態には醜いものがありますが、私もそんな中で働く一従業員でした。

なので、晴れて起業した時、これでやっと人間の生活が出来ると思っていました。

しかし、甘かったです。この2年半、従業員時代と変わらず長時間労働が続いています。

熱が出て寝込んだ1日以外全く休んでいないので、むしろ起業してからの方が働いていると思います

。ただ、唯一明らかに違う点がありまして、それは「ストレスの激減」。

以前会社で働いていた時、私の中にはいつも「怒り」がありました。

それは「どうして私がこんな仕事をしないといけないの?」という怒りでした。

とはいえ、会社組織の中で歯車の一つとして働いてその代償としてお給料をもらうのだから仕方がないじゃないかと、もちろん自分でもわかっていたので、従順に仕事をこなしていました。

そして長年従業員として働く内に、このはらわたが煮えくり返る怒りをやり過ごすために感情を感じなくなる技を身に着けてしまったように思います。

もちろん起業してからも、特に最初の2年間は酷いクライアントに当たっても生活費を稼ぐために仕事を引き受けざるを得ず、怒りながらということもあったのですが、それでも、不思議なことに引き受けるか断るかの決定権を自分が持っていて、生活費のためだろうと「自分で決定」したことに対しては、ちょっと怒りの種類が違うんです。

ポイントは「自分で決定」したかどうか。こんな些細なことがこんな大きな違いを生むとは起業するまで知りませんでした。

今のままの働き方では、必ず体力の限界が来る

起業して2年間、毎日重労働だったにもかかわらず、収入化できなくて苦しみました。

ところで現在はというと、仕事をするとその量と時間に比例して収入も増えるという段階に入っており、面白くて事業に夢中です。

朝から晩まで頭の中は事業のことでいっぱいです。

正直なところ、事業以外の人生の他の部分はどうでもいい、興味なしといった感じです。

とはいえ、このまま突っ走る気は毛頭ありません。

限界が見えているからです。

なので、なぜこのやり方では限界なのか問題なのかまとめてみました。

今の働き方の限界と問題点

1:1の仕事をしている

・収入を上げるには、単価を上げる or 労働時間を増やすしかない

専門以外に時間を取られている

・専門がもともと収益性の悪い分野

・仕事の中で一番好きなことを仕事にしている

仕事の仕方には、1:1と1:不特定多数の2種類があります。

平日は企業相手にデザイン設計の仕事をしていますが、これはもう完全に1:1の仕事の典型です。

個人事業主は基本自分一人で働くわけですから、体は一つ、物理的・時間的にすぐ壁にぶち当たります。

この条件下で収入を上げたければ、選択肢は2つしかありません。

単価を上げる」或いは「労働時間を増やす」です。

まず、「単価を上げる」ですが、世界的に有名人でもない限り、限度というものがあります。

そもそも単価は自分ではなく(たとえ自分で付けても)クライアントというかその分野の市場単価に引っ張られるので、強気にこの金額じゃなきゃやらないと啖呵を切ったところで、市場単価から乖離していれば仕事は取れないです。

そしてこの市場単価は悲しいかな業界によって天と地の差があります。

なので、自ずと「労働時間を増やす」の方に手を出してしまいがちですが、既に仕事のまわせる時間は全てまわしているので、もうこれ以上労働時間を増やす余地がありません。

次に、これも個人事業主あるあるだと思いますが、専門以外に時間を取られてしまって、実は従業員時代より一日に使える専門分野の仕事の時間は減少します。

私の場合、一番苦手な経理は起業と同時に外注に投げたのですが、マーケティング、リサーチ、自社サイトの管理、クライアントとのコミュニケーションとフォロー、SNS、新規開拓と、専門分野以外の仕事が毎日てんこ盛です。

ところで、今やっている仕事は、色々ある職種の中で自分が一番好きなことをやっています。

これ以上好きな仕事はありません。

そしてこれが最大のネックでもあると思っています。

どういうことかと言うと、このデザイン業界はもともと収益性の悪い分野です。

IT業界のように時代から求められているわけでもなく、金融のように収益化しやすい業界でもなく、生活必需品かと言えば、全くなくても生きていけます。

それならば、もっと効率よく稼ぎやすい業界に行けばいいじゃないかという話なのですが、好きでやっている仕事ゆえに、ここで感情が出てきちゃうんです。

わかっているけどやっぱり好きっていう。手強いです。

今後の展望

現在の私の働き方は、典型的な労働者階級のそれです。

会社の中で指示された通り働くのが嫌で、個人事業主になりましたが、フタを開けてみると、結局中身は従業員の縮小版でした。

いわゆるラットレース。

起業してみたけれど、思考回路が労働者のままだったということです。

それでは、どうすれば次のステージに行けるのか整理してみました。

1:不特定多数

外注化

事業分野の見直し

1:1の仕事を割合を減らし、1:不特定多数の事業をインターネットと利用して育てなくてはいけないと思っています。

事業が黒字化した今がチャンスです。

事業を育てるには最低1、2年かかります。

でも芽が出るまで今の黒字事業で食べていけます。

そして、資金に余裕ができた段階で、自社サイトの管理、SNSを外注化します。

最後に、月収7ケタになったら、事業分野を根本的に見直す予定です。

実は今、人生のコップならぬデザイン設計のコップがいっぱいになるのを待っているんです。

なので、これからも当分クライアントから仕事を取りまくって仕事三昧の毎日を送るつもりです。

そしてもうこれだけやれば十分、一生分のデザイン設計をやったなとなった段階で、この仕事は趣味のカテゴリーに移動させるつもりです。

人気記事個人で稼ぐノウハウ