生姜紅茶を1日に3杯飲んで体を温める

オランダつれづれ

先日のブログ「健康のために毎日お蕎麦を食べる」で、「体を温めると病気は必ず治る」(著者:石原結實)の内容が良かったので早速実行しているということを書いたのですが、今日はその第2段です。

ちなみに実行していることとはこれです↓

・毎日お蕎麦を食べる

生姜紅茶を1日に3杯

・朝起きたら足湯 

・下半身の筋力トレーニング

生姜紅茶を1日に3杯飲んで体を温める

この本の中では、体を温めるために「生姜紅茶を1日に3杯飲む」となっています。なぜなら生姜には漢方の視点から以下のような特効があるからです。

・生姜は「気の流れ」をよくする

・生姜は「血の流れ」をよくする

・生姜は「水の流れ」をよくする

なんと医療用漢方のうち、70~80%に生姜が含まれているそうです。これは知りませんでした。

生姜紅茶の作り方

「熱い紅茶にすり下ろした生姜を適量、黒砂糖(またはハチミツ)を入れる」

ただそれだけ(笑)。簡単ですね。

生姜のハチミツ漬け

どうせ毎日飲むのなら、一回一回生姜をすりおろすのも面倒くさいので、生姜のはちみつ漬けを作っちゃおうと思い立ちました。

まずはおろし器を数件雑貨屋さんで物色。

チーズおろし器はどこにいってもおいてあるのですが、残念なことに日本にある大根おろし器を見つけることは出来ませんでした。

仕方がないのでみじん切りで良しとすることにしました。

ハチミツはEKO PLAZAで購入(450g €3.99)。ビオでこの値段は安い!ですね。さすがは酪農国。ハチミツは本当に充実しています。今回初めてクリームタイプを選んでみました。

写真では分かり辛いかと思いますが、縁の周りに小さな気泡がいっぱい付いています。ハチミツの酵素が熱で破壊されずに生きている証拠です。

お味の方はどうかと言うと、濃厚!です。今まで買っていたスーパーのハチミツは何だったの?というくらい濃度が違います。

オランダのハチミツは水っぽいなーとずっと思っていたのですが、ただ単に水っぽいハチミツを毎度同じスーパーで買っていただけだったんだということに気が付きました。

多分、2週間くらいで美味しく頂けるようになるのではないかと思います。

関連記事:「健康のために毎日お蕎麦を食べる」