年会費無料クレジットカードを海外住所で作る方法

口座・無料クレジットカード

オランダクレジットカードを作りたいとずっと思っていました。

それも無料で(笑)。

現在持っているクレジットカードは日本で作ったvisaカードのみ。

セゾンカードにくっついているので、年会費無料です。

社会人になってからずっと使ってきた唯一のクレジットカードがこれです。

このカードが2020年に期限切れとなり、更新しないといけないのですが、

日本に住所がないため受け取れません。

なので、オランダの住所で作れる維持費無料のクレジットカードを必死で探し、

やっと見つけたのがこれです↓

クレジットカードの種類について

日本でクレジットカードと言えば、visaカードがシェアナンバーワンですよね。

ところが、今回、オランダでクレジットカードを探してみると、

どこの会社も、visaカードではなく、何故かMastercard

感覚的に、日本のvisaカードとMastercardの保有比率が逆転している感じ。

これは TransferWiseやドイツのN26もMastercardだったことからして、

もしかしたら、ヨーロッパの主流は、

visaカードではなくMastercardなのかもしれません。

日本で長年使っていたクレジットカードは、

上述した通りvisaカードだったので、

当初、「カードといえばvisaでしょ」

とvisaカードにこだわって探していたのですが、

途中で考えを改めました。

結局、今回私が作ったのはMastercardデビットです。

TransferWise

TransferWiseの特徴を箇条書きしてみると↓

  • 2011年にイギリスで設立
  • インターネット国際送金サービス
  • サイトは日本語対応あり
  • ボーダレス口座維持費は無料
  • 年会費無料のMastercard(デビット)作成可 ※日本の住所では作成不可

私は、このTransferWiseでMastercard(デビット)作成しました。

理由は、もともとTransferWiseに口座を開設していたので、

自分のボーダレス口座からボタンをぽちっと押すだけで

簡単に作ることが出来たから、

それに加えて、日本語が選択できる

のも大きな魅力でした。

個人的に金融機関に関しては、ことのほか神経質でして、

日本語を持っているサイトは本当に助かります。

もちろん、Google Chromeの翻訳機能を使えば

サクッとかなり精度の良い日本語に変換してくれるのですが、

やはりお金のことですからね。

機械翻訳ではなく、ネイティブの日本語の方が精神的に楽です。

ところで、このMastercard(デビット)ですが、

2020年1月現在、残念ながら、日本の住所からはまだ作成出来ないようですね。

でも日本で作れるようになるのも時間の問題かと思います。

※Mastercard(デビット)が作れないだけで、

ボーダレス口座は日本の住所からでも作れます。

bunq

bunqの特徴を箇条書きしてみると↓

  • 2015年、オランダで設立
  • インターネット銀行(モバイルバンク)
  • サイトはオランダ語のみ
  • 個人口座維持費はひと月当り7.99ユーロ、ビジネス口座は9.99ユーロ
  • EU加盟国とノルウェー、アイスランドで開設可(合計30ヶ国)
  • 年会費無料のMastercard(デビット)作成可
  • TransferWiseと提携済み

過去記事「オランダでビジネス口座を開くならこの2択」でも書きましたが、

bunqは、2015年に出来たインターネット銀行(モバイルバンク)です。

日本の楽天銀行のようなもの。

ここで、口座を開設すると、

年会費無料のMastercard(デビット)を作ることが出来ます。

(もちろん毎月口座の維持費はかかります。)

N26

N26の特徴を箇条書きしてみると↓

  • 2013年、ドイツで設立
  • インターネット銀行(モバイルバンク
  • サイトはドイツ語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語の5カ国語に対応
  • 個人口座維持費は無料、ビジネス口座はひと月当り9.9ユーロ
  • EU加盟国(ポーランドなど出来ない国もあり)、アメリカ、ブラジルで開設可
  • 年会費無料のMastercard(デビット)作成可
  • TransferWiseと提携済み

N26は、2013年にドイツで設立されたモバイルバンクです。

この銀行の個人口座は無料なので、

Mastercard(デビット)が欲しければ良い選択肢になると思います。

ABN AMRO Bank、ING BANK等旧来のオランダの銀行

もちろん、ABN AMRO Bank、ING BANKといった

旧来のオランダの銀行でも、クレジットカードを作ることは出来ます。

でも、こちらはデビットではなく、通常のクレジットカードとなるため、

審査が必要です。

条件は↓

  • 一定期間、毎月口座に入金があること(最低金額は銀行によって決まっている)

オランダの場合、個人事業主の比率が

日本に比べて圧倒的に高いので、

日本のように、個人事業主だとカードの審査に通るのが難しい

ということはないそうです。

なお、こういった旧来のオランダの銀行の場合、

口座維持費に加えて、クレジットカードの年会費も別にかかります

余談

N26について調べている時に、

ドイツ滞在の日本人が書いたN26の記事を読み、

ものすごくびっくりしたことがあったので、

ちょっと書いておこうと思います。

この方は、N26は一定期間お金の出し入れをしていないと

口座と預金が無効になってしまうことを怒って記事を書いたようです。

でも、これまで海外で9つの銀行口座を開いた経験から、

残念ながらこれは海外普通です。

そもそも、海外の銀行と日本の銀行は根本的に仕組みが違います。

日本の銀行だと、長期間取引のない休眠口座でも、

その後、届けさえすれば、口座の凍結を解除してもらえ、

預金も没収されず返してくれたりと、

まぁ、至れり尽くせりなわけなんですが、

こんなの基本、日本だけだと思った方がいいです。

というか、海外でこんな銀行あったら教えて頂きたいです。

口座開くんで。

(注:日本の銀行も海外を見習い、休眠口座の扱いがここ数年変わりつつあります。

最新情報は各自でチェックして下さい。)

ということで、海外で銀行口座を開いたら、

自己責任でしっかり管理しましょう。

人気記事: 一番安く海外送金できるTransferWiseの開設方法を画像付きで解説します

おすすめ記事個人で稼ぐノウハウ